男一人、犬山城下町で食べ歩きしてみた

今回は現存十二天守の一つである犬山城に一人旅をしてきたのでその様子をお届け。

犬山城そのものの観光はもちろん、城下町が食べ歩きスポットとして超おすすめでした。名古屋周辺で観光予定の場合はぜひ行程に組み込んでみてはいかがでしょうか。

犬山城下町で見つけたオススメの休憩所も紹介します。

あぐ
あぐ

一人でぶらぶらするのに最適な観光地でしたよ~

犬山城の基本情報

日本には江戸時代以前に築城されながら現在まで残っている天守が12城あります。それらを総称して「現存十二天守」と呼びます。

私は福井旅行にて丸岡城を観光した際に「現存十二天守」の存在を知りました。

あぐ
あぐ

この調子で12城観光コンプリートしちゃおうかな…!

今回はそのうちの一つ、愛知県にある犬山城に行ってきました。

犬山城のアクセスと所要時間

犬山城は犬山駅から歩いて約1.5km。徒歩25分くらいでしょうか。

思ったよりも駅から距離があるな~と思いましたが、犬山城下町を通るルートだと歩いていて楽しいので体感時間は短かったです。

犬山駅からは一回直角に曲がるだけのわかりやすい道のり。

気になる所要時間ですが、私の場合は1時間50分で犬山駅→犬山城+城下町+食べ歩き→犬山駅に戻ってきました。

一人旅の場合は歩くスピードが速いこと、私が小食であることを考慮すると2時間30分あればゆっくり観光できるのではないでしょうか。

犬山城に行くまでも楽しい

犬山城に至るには犬山城下町と三光稲荷神社を通る必要があります。城下町については後述するとして、稲荷神社も楽しかったので少しご紹介します。

こちらが三光稲荷神社です。青い空と朱色の鳥居はいつどこで見ても美しいですね。

「近道」とあるのならば通らない選択肢はありません。

あぐ
あぐ

こんな映える道が「近道」だと!?

海外のお客様が喜びそうなスポットです。私もこういう所が大好き。

しかも、こういう所って大体は観光客だらけでゆっくり記念撮影できませんが、ここはそこまで混んでいませんでした。

京都の伏見稲荷神社を想起させる景色。まぁ伏見稲荷神社に比べたらめっちゃ距離短いですけどね。

せっかくなので記念撮影。一人寂しく自撮りしても誰も写り込まず、誰にも見られず。いやぁ、良い場所でしたね✨

途中で梅(or桃?)の花が綺麗に咲いていました。

ピンク色の花が咲くと春の訪れを感じますよね。和の心を刺激されつつ、いよいよ犬山城に入城します。

現存十二天守が一つ、犬山城!

550円(現金のみ)を支払って入場券を手に入れましょう。桜の時期だとこんなに美しい景色が見られるんだ…いいなぁ…!

こちらで券を見せて入りましょう。

犬山城の外観

敷地内に入るとすぐにこの情景です。

あぐ
あぐ

模範的な”日本のお城”感が素晴らしい…!!

正面から撮影。これは桜が満開ならさぞかし美しいでしょう。桜が無いなら無いで城の全様が見えて良いですね。

こちらはなんと1537年に築城されたようで、国宝に指定されている犬山城・松本城・彦根城・姫路城・松江城のなかでも最も古い城だそうです。

???
???

フッ…奴は国宝五城の中で最古の存在…

ということですね。約490年前のお城かぁ。地震や台風が多い日本で今までその姿を残しているのって本当にスゴイなぁ。たくさんの人が関わって現代までつながれたんだろうなぁ。

犬山城の内装

中に入ると、早速「古い建築物あるある」がお目にかかれます。そう、めっちゃ急な階段です。

これは攻める気が失せます。昔の人は良く考えたものですね。

上るときは「壁みたいな階段だな」と感じ、下るときは「穴みたいな階段だな」と感じることができます。靴下を履いていると余計にツルツル滑るので十分に気を付けて進みましょう。

犬山城では、城内でも石垣を見ることができます。

当たり前ですが一つ一つ違う石です。「ここはこの石だな」と職人さんが慎重に選びながら積んでいったのでしょうか。

所々に見張り用(?)の窓があります。格子状なので外からは見えにくく中からは見やすい

良い景色がチラ見えしていますが、景色は次の章でゆっくり解説します。

中はこんな感じ。順路は螺旋状です。

微妙に坂になっていたりします。これはわざとなのか…?

すべての階段に手すりが付いている安心設計なのですが、さすがに後付けでしょう。手すりなく駆け上がる難易度は相当高そうですね。

犬山城の模型もありました。地上からの高さ24m。地下二階付きという気になる記載もありましたが、見学はできなさそうです。

絶景!犬山城からの景色

最上階はレッドカーペットの特別仕様でした。ここからベランダ(?)に出て四方の景色を楽しむことができます!!

まずは北側。こちらは木曽川です。水の色がエメラルドグリーンで綺麗ですね。

こちらは南側。入口の方面ですね。桜の花が咲いている時期はここからの眺めも美しいでしょうね。

西側の景色。こちらは犬山ダムが見えますね。木曽川が湾曲しながら続いていく様子が良く見えます。城主もこの景色を眺めていたのでしょうか。

圧倒的に綺麗だったのが東側の眺め。木曽川に架かる犬山橋。太陽に照らされた碧色の木曽川と青色の空。その間には勇ましい山々の姿。絵に描いたような絶景だ…と見とれていると…

赤い電車が通って行きました。うわー映える!!良い写真をありがとう!

よく見ると山の中に観覧車があります。おそらく日本モンキーパークの観覧車でしょう。動物園が併設された遊園地らしい。

せっかくなので城壁や瓦の様子をしっかり観察しておきましょう。ただ、この場所は風の勢いが凄まじいのでご注意ください。

種類豊富過ぎる…!城下町で食べ歩き

犬山城を観光していて感動したことが、城下町がとっても充実しているということ。

犬山城に至るまでの約750mの一本道なのですが、とてもたくさんの飲食店が立ち並んでいます。食べ歩き放題です。

私が今まで行ったお城(大阪城、丸岡城、広島城、名古屋城など)でここまで城下町が観光に特化していた場所はありませんでした。ぜひ城下町もセットで観光しましょう。

全体の雰囲気

城下町の跡って、シャッター街になりがちじゃないですか。犬山城は全然違う。飲食店があり過ぎて、どれも魅力的で、どこで何を食べようか迷ってしまいます。

ここでザックリ、どんなお店があったのかを紹介します。

焼きいもスイーツのお店。城下町には和スイーツでしょ。

カフェがたくさんありました。

モンブランが美味しそ~と思いながら眺めていました。

甘味だけじゃなく肉もあります!

飛騨が近いので飛騨牛推しがスゴイ。

だんごにソフトクリーム、いちご大福まで。

インスタ映えしそうなフルーツ飴も!

こんな感じで食べ歩きには全く困りません。いや、むしろ選択肢が多すぎて困っちゃうかも。

小休憩できる場所もあります。痒いところに手が届く!!

小道に入ればそこもまた飲食店だらけ。どれも魅力的なんだよなぁ~…

昭和横丁というレトロな区間もあって…

懐かしの瓶コーラが販売中!

他にも揚げパンやコロッケ、普通の飲食店もありつつ歩くだけでも楽しい!

あぐ
あぐ

正直、犬山城の観光よりも城下町の方が滞在時間が長かったかも…笑

実際に食べたもの

では実際に私は何を食べたのか。小食なのでラインナップは少ないですがご紹介しましょう。

まずは五平餅!串だんご風ですね。お値段なんと100円!!

物価高騰・インフレを実感する昨今、100円で食べ物が手に入るだなんて!!

雰囲気の良いこちらのお店でいただきました。

とっても優しい醤油味。見た目ほど濃い味ではなく、お餅本来の味もしっかりと感じられて美味しかった~✨

続いてA5ランクの厳選飛騨牛握り(2貫)お値段600円です。

あぐ
あぐ

うんめぇぇええ

一口でパクリと食べたらもう…最高過ぎた。

やわらかぁいお肉が特製のタレとベストマッチ。私はワサビを選択したのでワサビの風味もたまらない。2貫で600円は普通に考えたら高いけど、これは観光地グルメとしてぜひ食べて欲しい…!!

こちらの「犬山牛太郎」でいただきました。

映えるので写真を撮るのは良いですが、渡されたらできるだけ早く食べた方がより美味しいです。飛騨旅行の際に学んだ経験が活きました。

食後のデザートに和スイーツの緑バウム(600円)。抹茶に見えますがピスタチオ味です。オシャレです。桜のチョコレートも乗っています。最高でした。

こちらの詳細は次の章でゆっくりとお話します…!!

今回食べ歩いたのは以上3品です。本記事を書きながら、我ながら食の細さに驚いています。もっと食べたいものはあったのにな…!!あまりに店が多いので、今度もう一度行ってみようかなと思います。

おすすめのお店

犬山城下町は本当にお店がいっぱい。どこで何を食べたら良いかわからない!というあなたにオススメのお店を一つご紹介します。

それがこちら。ココトモファーム犬山城三之丸店です。

750mある城下町の中で、最も犬山城寄り(?)の場所にあるお店です。

あぐ
あぐ

え?試食?行く行く~♡

と、簡単に釣られたあぐ。丁度歩き疲れたところだし、室内で休憩したかったんですよね~。

中に入ると早速試食をいただくことができました。お米で作ったバウムクーヘンらしい。

白米と玄米のバウムクーヘンの2種がお試しできました。普通に甘くておいしい。個人的には玄米の方が生地がしっとり固めで好みでした✨

バウムクーヘンって美味しいですけど水分が欲しくなりますよね。なんと、自由に飲み物をいただくこともできます。

あぐ
あぐ

なんて気が利く…!!

しっかりと水分補給をしましょう。

中はこんな感じで休憩できるベンチがあります。店内で購入した商品を食べてもOK。と、いうことで…

先ほどの緑バウムをいただいたのでした。ゆっくりお茶も飲めるし、座れるし、美味しいし、室内だから適温です。最高でした。ちなみに試食で美味しかった玄米のバウムクーヘンもお土産用に購入しちゃいました。

犬山城の観光の際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか😊

犬山城の一人旅 まとめ

こうして無事、犬山城の一人旅が終了しました。

駅から程よい距離感で、とても良い散歩コースでした。城下町ではお友達とキャッキャしながら食べ歩くも良し、一人で気ままにじっくり店を吟味するも良し。

犬山城の天守からの絶景もお見逃しなく!

ちなみに犬山駅からも犬山城は見えるらしい。

あ~、確かに見える!!通常のカメラでズームしてこの大きさなので、肉眼だとかなり小さく見えました。皆さんも探してみてください。

あと印象的だったのが、イマドキは電子マネーでお賽銭が投げられること。時代は変化していくんだな~。

風情溢れる城下町で食べ歩きつつ、国宝の犬山城で歴史を感じる一人旅。思いっきりリフレッシュできて良い思い出になりました✨この記事が皆さんの旅行計画の役に立てば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.