福井の名所を1泊2日で巡るモデルコース【行程表・東尋坊編】

2023年8月に行ってきた福井旅行にて、モデルコースになりそうな行程表を作成・実行してきました!概要・見どころ・実際にかかった費用・時間を詳細な記録と美しい写真と共に紹介したいと思います。

私はペーパードライバーなので車の利用なしです。

また、本記事は「福井旅行の全貌」と「旅行一日目」を振り返る前編です。
後編では目玉スポットの「恐竜博物館」や「丸岡城」を観光した二日目の様子を振り返ります。

こんな人におススメの記事です!
  • 福井県に旅行したらどんな感じになるのか気になる
  • 福井県旅行の車なしモデルコースと予算を知りたい
  • 福井県観光地の所要時間が知りたい
あぐ
あぐ

1泊2日の福井旅行を総まとめするので、目次を活用して興味があるところをじっくり読んでみてください!

まずは全行程と総予算を振り返る!

1日目の行程表

まず1日目の行程がこちら。

お昼に福井県到着、お昼ご飯を食べて東尋坊へ。東尋坊観光後、福井駅周辺で夕食→ホテルでゆっくりのプランです。うん、これ見たら1日目って東尋坊しか行ってなかったんですね(今気づいた)。

当初の予定では1日目で東尋坊&丸岡城を観光する予定でしたが、朝からアクシデント(新幹線の大幅遅延)が発生したので急遽変更しました。旅行にアクシデントは付き物。我ながら柔軟に予定を組み直しました。

2日目の行程表

続いて2日目がこちら。

福井旅行の目玉、恐竜博物館に行ってきました!
あと丸岡城も行ってきました。昼食時間が17時になった件は後編にて説明します。

1泊2日の料金の合計

さて、気になる費用の合計は…

お土産代含めて66,062円でした!!

個人的に1泊2日の旅行予算は7万円と設定しているので、割引なしの新幹線での旅行と考えたらソコソコ抑えられたのでは?という印象。

もちろん旅行中に節約しようなんて1mmも考えていませんよ。

思いっきり使って、最終的にこの金額だったのでとても満足です✨

あぐ
あぐ

それでは、東京→福井の1泊2日で66,062円を使ったらどんな体験ができるのかを詳しく解説していきますよ!

旅行スタート!…のはずが?

旅はアクシデントから始まった

2023年8月17日。早朝。
この日は前夜(8月16日)の大雨の影響により、東海道新幹線に大幅な遅れが発生していました。

あぐ
あぐ

台風並の大雨の翌朝に新幹線が動いているだけで有難いっす…!!

と、関係職員さん・整備士さんに感謝の念を抱きつつ、予定より早めに東京駅に着きました。

ちょうどお盆休みの終わりの時期と重なっており、朝6時の東京駅はとても混雑していました。
駅員さんが数人いて、沢山のお客さんに案内をしていました。駅員さんと話せる列に並んで、私もこの後の対応について相談してみると…

  • 現在は30~45分の遅れで運行していること
  • 現在は各駅停車のこだましか動いていないこと
  • 指定席列車より前の時間の自由席新幹線を利用して良いこと
  • 米原から特急しらさぎに乗り継ぐ予定(指定席券購入済)であれば、遅延の影響なので指定した時間のしらさぎの後続列車でも、指定席に空きがあれば変更可能なこと(米原駅で要手続き)

を丁寧に教えてくださりました。
朝一番から同じような質問をたくさんされているでしょうに、嫌な顔一つせず教えてくださりました。

しっかりとお礼を伝えて、とりあえず動いているこだま新幹線に乗りました。本当はのぞみ新幹線の指定席券を買っていたんですが、まぁ仕方ないでしょう。旅にアクシデントは付き物です!!

午前は潰れたけど、無事に到着。ありがとうJRの皆さん。

こうして無事、米原で予定より1本後の特急しらさぎに乗ることができました!!
やはり各駅停車のこだま号では予定時刻に米原には着けず、指定券を購入していた9時56分発には間に合いませんでした。

でもまぁその間に福井旅行の行程を組み直すこともできたし、「事故列変」というスタンプが押された特急券も入手できました。これも良い思い出ですね✨

対応してくれた職員さん、遅延を取り戻すために尽力してくれた職員さん、整備士さんに改めて感謝です。

余談ですが、特急しらさぎの椅子の座り心地がとても良かったです。
この見た目なのに、ふっかふかでした。びっくりしました。

福井駅に到着。たくさんの恐竜がお出迎え!

紆余曲折ありましたが、無事に到着!観光地にあるウェルカムボード良いですよね。
デフォルメされた恐竜たちがとてもカワイイ。

駅周辺は恐竜だらけ!

みんな大好きトリケラトプス。

こちらは多分フクイラプトル。

福井駅西口に出ると、壁に巨大な恐竜のトリックアートが!
結構しっかり浮かび上がって見えました。すごい。

ここでしっかり記念撮影をしておきましょう。

福井駅の建物にも恐竜が描かれています。

絵だけじゃない!リアルな恐竜がこんにちは。

そしてすぐ側に広場があり、そこにも動く恐竜が!!
福井県ってなんでこんなに恐竜が?と思って調べたところ、恐竜化石発掘数が日本一だかららしい。

あぐ
あぐ

私は恐竜が好きな男の子(27歳)なのでテンションが上がりました笑

まちのビルと共に恐竜が写るというベストショット。この時代矛盾が美しい。

全長10mのフクイティタン(実物大)です!!

駅前にこんな大きなモニュメントがあるって素晴らしいですね。福井駅周辺の方々はここで待ち合わせとかしないのかな?

渋谷のハチ公、池袋のいけふくろう、福井のフクイティタン。日本三大待ち合わせ場所にしませんか?

ちなみにここの広場の恐竜たちは、夜になるとライトアップされています。

光の当たり具合から結構ホラー顔になっていますが、綺麗でしたよ✨

お昼ご飯を食べて東尋坊へ!

まずは福井グルメで舌鼓。

福井駅に到着後はホテルに荷物を預けました。
時刻は12:30。ご飯の時間です。

近くの定食屋さん「ほていや」でお昼ご飯にしました。

ここでは福井名物の「ソースカツ丼」「おろしそば」がセットで1,000円という驚きの値段!!気になる味のレポートについてはこちらを参考にしてください↓

詳細なメニューや大勢の口コミが気になる方はこちら↓(食べログに飛びます。)

食事を終えて、時刻は13:30。
お店の外に出ると…

なんと、大雨が降っていました。

なんということでしょう。予報では曇りだったのに、局地的に激しい雨が降っているようです。

もちろん、これから向かう「東尋坊」エリアも雨…

東尋坊は海岸沿いなので、荒天だと身の危険があります。少々の雨なら良いのですが…この時は雨水が跳ね返るくらい降っていました。

福井駅から東尋坊まで約1時間30分かかります。
行くか?諦めるか?迷ったうえで出した結論が…

あぐ
あぐ

まぁ大丈夫っしょ!晴れ男だし!!

こうしてあぐ一行は東尋坊に向かいました。

天候を味方に!東尋坊で命がけの絶景!

電車とバスを駆使して向かうこと1時間30分。
東尋坊のバス停に到着したときは雨が降っていました。

が、覚悟を決めてバス停から東尋坊に向かおうというとき…

あれ?雨が上がった…!?

どうも。究極の晴れ男です。
この時の晴れ男パワーは本当に有難かった(´;ω;`)

東尋坊に到着したときには日が差してきて…

青空が戻ってきました。最高だぁぁああ!!!

天候を味方に、ゆっくり東尋坊の観光をしました。
その詳細はぜひこちらでご確認ください↓

東尋坊、マジで危険です。

これは雨が降っていたら行かない方が良いでしょう。
というか、雨上がりも滑りやすいので危険でしたね。

滑ったら最後、柵やフェンスがないので、真っ逆さまです…

その反面、自然のままの姿だからこそ、危険だからこそ、今までの人生で一番綺麗な景色でした。

美しい景色の一部と危険度をまとめた上記記事を一読して、皆さんにもぜひ行ってみて欲しいです。

一人優雅な夕食 ~友人と別行動~

旅行中の別行動はアリ?なし?

東尋坊の観光を終えて、福井駅まで戻ってきました。
時刻は17:31。さて、この後どうしましょう。

当初は丸岡城のライトアップを見に行く予定でした。

しかし、新幹線のダイヤ乱れの影響でもう夕方。

この時間から丸岡城に向かうと帰りのバスはなく、約4kmを歩いて最寄りの電車の駅に向かうしか選択肢がないのです。

あぐ
あぐ

こういうときにレンタカーを借りていたら強いんだろうなぁ…

ライトアップされた丸岡城は見たいけど、さすがに4km歩いて帰る体力はなさそうだな、という正直な感想を同行者の「ちゃんぽん」と「ライス」に伝えました。そして、

ここから「丸岡城のライトアップを見る組」と「ホテルに戻ってゆっくりする組」の二手に分かれることにしました。

なんて合理的なんでしょう。素敵。
普通は「旅行まで来て別行動するなんてあり得ない!」でしょうか…?
私的には結構アリな選択なのですが…

幸いなことにちゃんぽんとライスも別行動はアリ派だったので、遠慮なく別行動しました。

あ、「ホテルに戻ってゆっくりする組」は私一人でした。

福井駅周辺で優雅なディナー!

と、いうことでここから暫くは一人行動です。
福井駅で丸岡城に向かうバスに乗り込む2名を見送り、まずは周辺の散策をしました。

駅近くの観光案内所で、

あぐ
あぐ

今日は福井のお寿司を食べたい気分なのですがおススメの店はありますか?

と尋ねたところ、駅前の西武8階にある「ほまれ寿司」を薦められました。

やはりこういうのは地元の人に聞くのが一番ですからね。

そしてやってきた「ほまれ寿司」
来店すると、

案内人
案内人

今日は職人少なくて出すのに時間かかっちゃうけど大丈夫ですか…?

と聞かれましたが、私一人だしもうやることないので全然大丈夫です。一人行動の強みが早速出ましたね。ここでゆっくり過ごしたいと思います。

良い感じのカウンターに案内されて、

地酒でほろ酔いになって、

豪勢な握り(一貫770円の大トロも!!)を美味しくいただくなどして幸せに過ごしましたとさ。めでたしめでたし。

ほまれ寿司での食事の様子もさっきの福井グルメ記事で解説していますのでぜひご覧ください✨

ドーミーインって凄く良いホテル…!

今回は「ドーミーインPREMIUM福井」に宿泊しました。一人夕食後、ちゃんぽんとライスが帰還するまでの間に温泉・サウナ・湯上り処でまった~り過ごしました。

いつか「おすすめのホテル編」みたいな記事で詳しくまとめようと思っておりますが、ドーミーインはすごくおすすめのホテルです。どの辺がおすすめなのかというと…

  • 一泊朝食付きで1万円前後、素泊まりなら1万円以下!(時期による)
  • 朝食は地元グルメが出てくる!
  • 温泉・露天風呂がある!
  • 夜はお風呂上りにアイスが貰える!
  • 夜食として「夜鳴き蕎麦」が無料!
  • 朝はお風呂上りにヤクルトが貰える!
  • ウェルカムドリンク・お菓子がある!
  • 部屋着が個人的に好みのパジャマスタイル!

端的に言って、安いのに満足度が高いです。ホテルの朝食がいかに素晴らしかったかは福井グルメ記事でご確認ください。

今回はこれらの魅力から3つほど厳選して、簡単に説明しておきます。

魅力①湯上り処が素晴らしい

ドーミーインには「湯上り処」という共用スペースがありまして、

こんな感じでお風呂上りに寛げます。
ここで夜はアイス・朝はヤクルトのサービスが貰えます。

撮影時は朝なのでヤクルト。もちろん前夜にアイスをいただきました。お風呂場にスマホやカメラは持って行かなかったので、アイスの写真やラインナップの紹介ができません💦次回利用時はスマホで撮ってきますね。

魅力②無料の夜食が素晴らしい

夜は食堂で「夜鳴き蕎麦」が無料でいただけます。
いわゆる醤油ラーメン(小)です。

これが絶妙なサイズでめっちゃ美味しい。
幸福度が爆上がりするおすすめサービスです。共立リゾート系列(ドーミーインもこの系列ホテルです。)の標準装備のようですね。

魅力③パジャマ(寝間着)が素晴らしい

最後にパジャマについてだけ言及します。

ホテルには大体寝間着がありますよね。
でも私、浴衣タイプだと寒くて風邪ひいちゃう繊細な子なんです。

なのでいつも自前のパジャマを持って旅行しています。
これが地味に荷物。でも体調のために外せません。

しかし!

こちらのドーミーインは、上下別々のパジャマスタイル。ズボンは紐で腰回りを調節できるのでシャツinして紐を結べばお腹も冷やさずに眠れます!生地もしっかりしていて寒くないです。

これが個人的にすごく嬉しいポイント。

宿泊先の寝間着って、行ってみないと生地の厚さとか丈とかわからないじゃないですか。でもドーミーインは私好みの寝間着だと判明したので、次回以降はパジャマ持参せずに旅行できそうです。

ドーミーインと同系列の旅館に泊まった関連記事はコチラ

“共立リゾート”って聞いたことあるな…と思ったら、
実は私、最近泊まってました!!しかも人生史上最大満足度の旅館でした。

その様子とサービスを徹底解説した過去記事がありますのでご覧ください↓

続きの記事(2日目の詳細)はこちら!

さて、これにて福井旅行1日目終了。
次回の記事では福井旅行2日目、メインの恐竜博物館丸岡城の散策記録を紹介します!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.