ひたち海浜公園のネモフィラに時期ギリギリで行ってみた

今回は、ひたち海浜公園に5月上旬に行くとどんな景色なのか?を中心に、国営ひたち海浜公園について詳しくご紹介します。本記事の写真は2023年5月3日に撮影したものです。

あぐ
あぐ

ピークじゃなくても美しい景色が見れました!

こんな人におススメの記事です!
  • 見頃ギリギリのネモフィラ畑の様子が気になる
  • ひたち海浜公園の具体的な費用・所要時間を知りたい
  • ネモフィラ以外でおすすめのエリアを知りたい

ちなみに、ひたち海浜公園に行く際はフリー切符の利用が個人的におすすめです!詳細記事はこちら↓

国営ひたち海浜公園の基本情報

アクセスについて

公共交通機関を利用する場合は、勝田駅からバスで約15分です。

料金は片道400円。※2023年5月時点
おぉ、結構高いなぁという印象です。

でも勝田駅から公園入口まで6.4kmくらいあるので大人しくバスを利用しましょう。

具体的な費用と所要時間は??

所要時間について

私は10:00~14:00の4時間滞在しました。

ネモフィラを見るだけなら1時間30分あれば余裕だと思います。

ひたち海浜公園内の他のエリアも楽しみたい場合は4時間程度、全てを楽しむなら半日~一日中の予定で組んでも良いかもしれません。

予算について

入園料は通常450円(大人)ですが、ネモフィラやコキアの見頃の時期は700円(大人)になるようです。

個人的にはキャッシュレス決済で購入できたのが好印象でした。

私が利用した西口のコインロッカーは300円でした。

あとは昼食代、お土産代、食べ歩き代などを加味して合計5,000円くらいあれば十分に楽しめると思います。(私は1,800円+お土産代3,000円でした。)

ネモフィラの一般的な見頃

一般的には、4月上旬が5分咲き・4月中旬が見頃・4月下旬~5月上旬が見頃終盤というところです。

おすすめは「早め」らしいので4月中旬でしょうか。私はお仕事の都合上どうしてもゴールデンウィークしか空いていなくて、5月3日になってしまいました。

公式HPにて、開花予想や現時点の開花状況を発信してくれています。こまめにチェックすると良いかも。

さぁ、2023年5月上旬のネモフィラはどうだったかというと…↓

5月上旬に国営ひたち海浜公園に行ってみた。

気になるネモフィラ畑は…?

あぐ
あぐ

わお!ちゃんと咲いてる!!

というのが第一声の感想。
では、たくさんの写真を見てみましょう。

まずは引き目で撮った写真集です。

ついでに混雑具合もわかると思いますので注目してください。

「みはらしの丘」の名に恥じない、美しい丘ですね。

空の色と合わさってとても綺麗です。

空も海も花も青い!!素敵!!

これこれ!!こういうのが見たかった!!

うーん…引きで見ると青と緑は5:5くらいの印象ですね。

いや、これで充分「一面のネモフィラ」なので初見の私は大満足でしたが…確かにインスタとかで見る満開時期と比較すると、若干の物足りなさを感じてしまうかも…?

では、寄りで見るとどうでしょう。

あぐ
あぐ

すっごい綺麗!!

目線を低く、少し寄って見るとしっかり青色の絨毯になっています。

複数枚の写真を見て伝わったかと思いますが、5月上旬のネモフィラを総評するなら場所によるというのが正解でしょうか。一面が青で敷き詰められた箇所もあれば、緑が目立つ所もある、という感じでした。

時期を選べるなら4月中旬がおすすめであることは間違いないのですが、都合上5月にしか行けない場合も、ギリギリ諦めなくて良いかもしれませんよ。

ネモフィラ以外のお花たち

ひたち海浜公園にはネモフィラ以外にも多くの美しい花が咲いていました。

名も知らぬピンクの花。

空×野原×ピンクの絨毯ですね。美しい。

背の高い菜の花もいっぱい。

こちらも敷き詰められていて圧巻でした。

手前にネモフィラ。奥に菜の花。

ポツリと咲いたお花。アサガオ系の顔してます。

なんと!四葉のクローバーを発見!!

春の時期は花の種類が豊富で、歩いているだけで楽しかったです。

インパクトが凄い、ランチタイム。

ネモフィラの時期には、期間限定メニューがお楽しみいただけるようです。

なんだこりゃ!!見た目のインパクトが凄いカレー。

完食後。うん、とても食べ物があったお皿とは思えない…笑

あ、こっちはカワイイ見た目のアイスですね♪

やはり衝撃的だったのがネモフィラカレー
こちら完食した友人談によると、「この見た目なのに味はしっかりカレーだったから頭がバグった」そうです。

え?私?普通に「めんたいバターうどん」(800円)を注文しました。さすがにカレーはびびっちゃいました。うーん、今となっては食べればよかったかも…

ちなみにアイスも私は購入していません。
※お腹が冷えて支障が出る恐れがあるため

味を伝えられなくて心苦しいですが、友人はどれも美味しそうに食べていましたよ。

海浜公園に砂丘?個人的おすすめエリア

みはらしの丘のネモフィラ鑑賞後におすすめしたいのが、「砂丘エリア」です。

みはらしの丘から約2km。歩いて20分くらいです。

個人的に砂丘が好きであることが大きな理由ではあるのですが、皆さんにも勧められるポイントは2つあります。

全然人がいない穴場スポット!?

先ほどご紹介したみはらしの丘(ネモフィラの場所)の混雑度はこんな感じ。

まぁゴールデンウィークの中日なので当然でしょう。
では、砂丘エリアは?

誰もいませんでした。

むしろ不安になるくらい。同じ日に撮影しているのに、この違いです。

広大な景色を独り占めする贅沢感が味わえます。

大海原を眺める絶景ポイント

読者
読者

誰もいないってことは、あまり映えないスポットなんじゃない??

とお考えの方もいることでしょう。
ノンノン。ここの景色、めっちゃ綺麗ですよ。

みはらしの丘よりも海が近い!!

砂丘エリアは「丘」なのでそこそこ高い景色。

振り返れば、絶景。

そこに立てば、映えるアイコン写真も撮影できそうですね。

上り坂(しかも足場は砂)なので結構疲れます。
しかし、そこにはとても美しい景色が広がっていました。

人がいないので、こんなふざけた写真も撮り放題。
他人の写り込みを気にせず撮影ができる絶景スポットってなかなかないですよね!?

体力に余裕があれば、ぜひ砂丘エリアにお立ち寄りください♪

時期ギリギリのひたち海浜公園、まとめ

旅行前は「5月上旬だとほとんどネモフィラは見れないだろうな…」という気持ちでしたが、意外と綺麗な景色が見れました。

もちろん4月中がベストですが、行くのが5月になっても諦めるのはまだ早いかもしれませんよ。

事前に調べていなかった砂丘エリアがあんなに良い場所だとは思わず、立ち寄って良かったな~という気持ちです。国営ひたち海浜公園はエリアが広い&名所が多いので、事前に行く場所を決めておいた方が良いと思います。

今回の記事が皆さんのお役に立てば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました✨

【2024年4月29日追記】やはりベストは4月中だと確認

あぐ
あぐ

こんにちは。2024年4月29日のあぐです。

2024年4月28日に日帰りでひたち海浜公園に行ってきましたのでその様子を追記します。

やはり圧倒的に青の絨毯でした。

昨年の5月(上記記事内)では丘の高い所は散っていましたが、今回(4月下旬)は丘の上まで青一色。

2024年は3月末頃まで寒い日々が続きました。その影響もあってネモフィラの開花時期が遅れ、4月末でも「見頃」だったのでしょう。

青色の密度が全く違いますね…!

公式の見解ではこの日は「見頃後半」という表記でした。まだまだ最盛期に感じられます。

↑こちら、2023年の5月撮影。

↑同じ場所から、2024年4月末撮影。

ネモフィラと人口の密度が全然違いますね!

その年の気象状況によって変動がありますが、やはり4月中がベストシーズンだなと検証できました。皆様の参考になれば幸いです。

茨城県の関連記事はこちら!

茨城県観光の行先の一つに水族館はいかがでしょうか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.